fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

健康 2020.1.9

“お正月太り解消”成功のポイントとは?

「お正月休みに食べすぎ、飲みすぎてしまって正月太りしてしまった体を早く戻したい」

と考えている人も少なくないはずです。

 


ある調査によると、約60%の人がお正月に体重が増えてしまった経験があるようです。


実家に帰省し、お正月ならではの豪華なお食事やデザートを食べた方は太った原因は明確です。
しかし、「そんなに食べていないのに体重が増えた」、「忘年会のときのほうが暴飲暴食していたのに、お正月休みで太った」という人も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなあなたが太った理由は、ズバリ「消費カロリーが減ったから」だと考えられます。

家事や外周りの仕事でも十分カロリーを消費しているものです。

 

ゆっくり過ごしたお正月気分から替えて、普段の生活のリズムを取り戻しましょう。


お正月太りを解消する生活のポイント


①とにかくしっかり寝る

睡眠とダイエットは関係ない!と思っていませんか?
一見、寝る間を惜しんで運動をしたほうが痩せそうな気がしますが、睡眠中は立派なカロリー消費タイムです。

睡眠時のカロリー消費効率を上げるためには、

・満腹でない状態で寝る
・しっかりまとまった時間眠る

ことが大切だと言われています。


②夕食を調節する
可能な限り夕食は早い時間に食べましょう。

ノーストレスで行うためには、3食のうち、夕食を調節するのがおすすめです。

満腹状態で睡眠をすると、消化不良を起こす可能があるので、食後3時間経ってから寝ることは必ず守りましょう。

また、一般的に、「これから活動する朝昼」よりも、「活動をしない夕方」の食事を控えめにすることで、太りにくなると言われています。

朝昼は自由に食事のチョイスができるため、食事制限がつらく感じないはずです。


③日常でできる運動量を増やす
一駅歩く・階段を使う・電車で座らない


摂取カロリーを抑えるのも良いけれど、消費カロリーを増やすのも、ダイエットでは重要なポイント。ちょっとしたつまみ食いが重なり太るのと同じく、軽い運動をちょこちょこ行うことで、痩せることはできます。

具体的には、

・一駅歩く
・エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う
・電車で座らない

などが、簡単に取り入れられるので良いでしょう。

 

④代謝アップを目指す

消費カロリーのアップに欠かせないのは、代謝を上げることです。
ランニングやウォーキングが出来なくても室内でできる腹筋運動等であれば、寒い季節でもできるはずです。
ぜひ、毎日の習慣にしましょう。

また、冷える季節は、身体を温めることも代謝アップには欠かせません。毎日湯船に浸かり身体を温めるようにし、飲み物は、基本的に常温か温かい物を選びましょう。


いかがでしたか?

 

定着した脂肪を落としたり、継続中の肥満をダイエットしたりするのはなかなか大変です。
つらい食事制限と運動をしないと、簡単には結果を出すことができません。

ですが、お正月に太った分は、今リセットすれば、簡単に元の体重に戻すことができます。

 

つらいダイエットをしたくないのあれば、当月中に、ちょっとした調整をすることで、太った状態を長引かせないようにしましょう。

 

みなさんは今年はどのような1年にしたいですか?

何をするにも身体の健康が一番大事です!!

健康には自信がある。

 

そんな忙しい働き盛りの世代こそ要注意です。

「健康診断を年1回受けているから大丈夫!」


「病気になったらすぐ病院にいけばいい!」

と思っていませんか?

 


私たちはたった年1回の身体のチェックでは不十分だと考えています。

私たちが思っている以上に身体は変化しやすく、数値は変わりやすいものです。


早期発見・予防するためにも年4回血液検査を習慣にしませんか。

pagetop
"