誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

健康 2018.3.22

年に1回の健康診断で大丈夫だと思っていませんか?

「もう何年も受けていない」
「会社での健康診断を年1回受けている」
「がん検査は受けたことがない」など様々な声を耳にします。

 

 

厚生労働省によると、20歳以上で過去1年間、健康診断や人間ドックを受診した人は、61.5%、

受診しなかった人は34.5%となっています。

 


その中で仕事をしている人は69.4%受診しており、専業主婦などの仕事をしていない人も48.6%の人が受診をしています。
また年代別では、男女ともに45~54歳が最も受診しており、男性で74.6%、女性では62.7%となっています。
この数値からわかるように、様々な方が健康を意識し、健康診断や人間ドックを受診していますが、受けていない方の多さにも驚かされます。
また、健康診断を受けるきっかけとして職場での検診という声が57.7%と最も多くあります。

 

 

これだけの方が健康を意識している反面、まだ34.5%の方たちが、健康診断を受診できない状況です。
理由として、「めんどくさいから」「時間がかかるから」「健康状態に自身があり必要性を感じないから」という声が多く上がっています。

 

 

生活習慣病は放置していると心筋梗塞、脳卒中、がん、など長年日本で死因のトップを占めている疾患を発症するリスクがとても上がります。

 


さらに、がんの死亡率は男女とも、おおよそ60歳代から増加し、高齢になるほど高く、60歳代は男性が女性より顕著に高くなります。
たったの数ヵ月でがんは進行、転移することもある為、定期的な検査を受けることで早期発見に繋げることをおすすめしています。

 

 


1年に1度の健康診断を受けていたとしても、1年後までに身体の状態が同じままでしょうか?
1年に1度の健康診断で病気が分かった場合、突然病気になった気がします。
しかし、当ラボからお伝えしたいのは「病気は突然なるものではない!」ということ。
「食生活には気を付けている」「運動をしている」などと健康に気を使っていても、ストレスや体の老いなど様々な原因で体調は変わってきます。

 

 

もし定期的に検査を受けていれば、数値が悪くなった時、すなわち自分の身体に変化があったときにすぐに気付くことができます。

 


気付いた段階で、「生活習慣を改善していれば」「病院等の医療機関でもっと精密な検査を受けておけば」
病気になる前に、あるいは病気が進行する前に気付くことができ、予防や早期治療が出来るかもしれません。

 

 

そのため、銀座血液検査ラボでは、年に4回の血液検査をおすすめしています。
お忙しい方でもご来店からお帰りまで15分ほどで行うことができ、検査結果は2日後にアプリに届きます。
アプリは、今まで検査結果の数値との比較や、なにに対しての検査なのかの詳細など、分かりやすく見て頂けるようになっています。
この機会に、年に4回。血液検査の新習慣を始めてみませんか?

pagetop