誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

健康 2018.5.17

病気は「治療」ではなく「予防する時代」へ

銀座血液検査ラボでは、病気は治療ではなく予防する時代だと考えています。

自分の身体の状態を知ることで、健康管理を行うことができ、病気のリスクをぐっと下げることが出来ます。

予防できなかった病気も早期発見することで、治療がしやすくなります。

がんに関して言えば、早期発見することで生存率を上げることができます。

 

 

 

 

なかでも生活習慣病は、3大疾病の全てに関係しています。

生活習慣病の多くは、自覚症なく進行し、「脳」「血管」「心臓」等へダメージを与え命に関わる疾患を引き起こす原因となる“サイレントキラー”となっています。

 

 

 

しかし、そのすべては予防できる病気です。

 

 

 

「あの時、検査を受けていれば…」

「もっと普段から健康に気を付けておけば…」

 

 

そんな「手遅れです」を私たちは、なくしたい。

 

 

生活習慣病は日本人の死因の半数以上に関係しています。

定期的な検査が必要なのは、自覚症状が出てからでは遅いこともあるからです。

健康なうちからの定期的な血液検査は、病気を未然に防ぐことに繋がっています。

 

 

 

数値には個人差があり、正常値の範囲内から外れていたり正常値内ギリギリでも、本人にとっては正常な場合があります。

なので、定期的な検査を受けて、まずは自分の”平常値”を知ること。

大事なのは、自分の平常値から大きく数値に変化があったときです。

大きな変化は、何らかの体からのサインかもしれません。

そのサインに気付くためにも、自分の平常値を知り定期的に検査をすることが大切です。

pagetop