fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

健康 2019.6.20

この夏を乗り切る!正しい水分補給の方法とは?

私たちの身体の水分は約60%を占めており、

栄養素の運搬や体温調節身体のミネラルバランスを調整するなど重要な役割を担っています。

 

 

成人が一日で必要な水分の量はおよそ2000ml~2500mlといわれており、

不足すると脱水症状を引き起こしてしまう原因にもなります。

 

それだけではなく、冬に多いと思われている脳梗塞心筋梗塞も体内の水分が不足するこの時期に起こりやすくなってしまいます。


これからの時期は汗を多くかくので、それに見合った量の水分を補給しておく必要があります。


水分不足の時にコーヒーやジュースを飲めば大丈夫!
と思っている方、意外に多いのではないでしょうか?

 

しかし、コーヒーやジュースをたくさん飲んでいるから大丈夫というのは、

考えなければいけないことがあります。

 

そのひとつとして、コーヒーには利尿作用があり、

せっかく摂った水分が尿として排出してしまう可能性があるからです。


ジュースも同様に利尿作用があるものや、糖分がたくさん含まれているものも多く、水分補給としては適してないと考えられます。

 


水分不足を補うためには、やはり余計なものが入っていないお水を飲むことが理想的だと思われます。

 

私たちは日々の生活のなかで意外な場面でも体内の水分を失っています。
タイミング別の水分補給のポイントをご紹介します。


のどが渇く前に

軽い脱水症状になってしまうと、人はのどの渇きを感じにくくなると言われています。のどが渇く前にこまめに水分補給をすることが大切です。
気付かないうちに、皮膚などからも水分は蒸発しているので、汗をかいていなくても、こまめに水分補給を行うことが大切です。

 

入浴前後と起床時
入浴時はのどの渇きを実感しやすいかもしれませんが、睡眠中にも私たちの体は汗をかいています。入浴前後、また起床時には水分補給を忘れずに行いましょう。

 

飲酒時
アルコールは利尿作用があるので、得た水分よりも多い量が体から排出されてしまいます。嗜好品程度に楽しみ、水分補給としてお水も忘れずに飲みましょう。

 

運動時

運動をする前に、まずコップ1杯ほどの水分補給をしておきましょう。運動中は15~30分ごとに水分補給をすることをおすすめします。一回につき200~250mlを補給することで体温の上昇が抑えられ、汗で排出された水分を補うことできます。


普段何気なく行っている水分補給は、実はとても大切なことです

水分を摂取してから、身体に浸透するまでは約20分の時間がかかると言われています。
常に早めを意識して、こまめな水分補給を心がけていきましょう。


ちょっと頭が痛い。

肩こりがとれない。

病院へいくほどではないけれど、なんとかしたい身体の不調を感じる時はありませんか?


健康に自信があり、毎日忙しい人ほど、病気の初期症状に気付きにくいと言われています。


健康を守るためにまず大切なのは、身体の声に耳を傾けることです。
銀座血液検査ラボで定期的な血液検査をして、結果をチェックし、ご自身でできることから改善していきましょう。


銀座血液検査ラボで自己採血の新習慣をはじめませんか。

pagetop