fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

がん 2018.10.15

すい臓がんはがんの中でも生存率が低いとされています。その理由は?

5年相対生存率がわずか7.7%のすい臓がん。
転移しやすく、ほとんどが進行した状態で見つかることが多いと言われています。
すい臓は、
● 食物の消化を助ける膵液をつくる。
● インスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホルモンを産生する。
という2つの役割を果たしています。

 

すい臓がんを起こす危険因子としては、糖尿病、慢性膵炎、喫煙と言われています。
これらのうち、喫煙は確立した危険因子であるといえます。

 

すい臓にできるがんのほとんどは、すい管の細胞にできることが多く、
すい臓がんとは、通常このすい管がんのことを指します。
膵臓は、胃の後ろの体の深部に位置しているため、がんが発生しても症状が出にくく、早期の発見は簡単ではありません。
すい臓がんは、早い段階では特徴的な自覚症状がありません。
● 胃のあたりや背中が重苦しい
● 何となくおなかの調子が悪い
● 食欲がない
● 体重が減った
などといった見落としがちな症状が多いようです。

すい臓がおなかの深いところに存在する臓器であり、胃や十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆のう、脾臓などの後ろに隠れているため見つけにくく、
現状では膵がんとわかった時にはすでに進行しているということが多いのです。
どの部位も同様ですが、すい臓がんは早期発見が重要です。
とはいえ、自覚症状が少なく、進行が早く、5年生存率が非常に低いことから、消化器がんの中でも手ごわいがんの1つといえます。
 
「がん」から身を守るには早期発見が大切です!
銀座血液検査ラボで、自身のからだのことを知り、健康管理を始めてみませんか?
pagetop
"