fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

がん 2018.9.20

胃がんになりやすい日本人が気をつけるべき習慣

近年、胃がんの死亡者数は徐々に減少してきていると言われていますが、
世界的に見ると日本は比較的胃がんの発症が多いと言われています。
胃がんのリスク要因として大きいとされているのが、塩分タバコです。
 
日本人が好む、加工肉や燻製肉、たらこ、干し魚、漬物、焼肉など、塩分を多く含む食品を食べ過ぎると、胃がんのリスクが高まると考えられています。

また、タバコは胃がんだけでなく、様々ながんのリスクを高める可能性があるので、今タバコを吸っている人は、今すぐ禁煙するように心がけましょう。


がんの治療を受けた人を対象とした全国がんセンター協議会の調査によれば、
胃がんの5年生存率は97%を超えており、10年生存率もステージIは93.9%と高い結果が出ています。
若い方はがんの進行が早いと言われていますが、

 

発見が早ければ早いほど、それだけ生存率は高くなることは明確です。
 
銀座血液検査ラボでは病気に対する注意力が低いとされる健康な人ほど
定期的な検診をおすすめしております。
 
年4回。血液検査の新習慣があなたを救います。
pagetop
"