fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

健康 2019.10.3

「秋の花粉症」

つらい鼻炎を引き起こす花粉は、ほぼ一年を通じて日本中で飛散しています。

特に秋はブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉に注意。

これらが開花期を迎える9~11月に花粉が飛散し、秋の花粉症を引き起こす原因となります。

 

秋に起こりやすい花粉症の症状はありませんか?

・透明でサラッとした鼻水が出る。
・1週間以上、鼻水やくしゃみが続いている。
・目と鼻にかゆみをともなう。
・1日中くしゃみが止まらないことがある。
・熱はあっても微熱程度で高熱ではない。
・目がかゆく、涙が出ることもある。

 

春の花粉と秋の花粉には違いがあるのでしょうか?


「通年病」になりつつある花粉症ですが、原因となる植物によって症状はそれぞれ異なります。
春のスギ花粉の場合は、花粉の粒子径が大きいため、鼻粘膜に留まりやすく、下気道への影響は少ないとされ、そのため春の花粉症は鼻水やくしゃみが代表的な症状とされています。
一方で、秋の花粉症の原因のひとつ、ブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいため、気管に入ってぜんそくのような症状を引き起こすケースもあります。
このように花粉の特徴によって症状が変わる場合もあります。

悪化する前の早めの対処が必要です。

 

秋の花粉症を防ぎましょう。

マスク・・・マスクは吸い込む花粉の量を減らし鼻の症状を少なくさせる効果が期待されます。
うがい・・・うがいをすることで、のどに流れた花粉を洗い流しましょう。
洗顔・・・外出から帰ってきた際には、洗顔を行い、顔についた花粉を落としましょう。
服をよく払う・・・ 外出先から帰ってきた際や洗濯物を取り込んだ際には、衣服の表面についた花粉をよく払いましょう。


鼻、のど、気管の不調…風邪だと思っていた症状が、実は花粉症だった!なんて事もあるかもしれません。
日頃から体調管理は万全にして、素敵な秋を過ごしましょう。

身体のわずかな変化に気づいていますか?

 

血液検査は身体の情報を正確に数値化して見る事ができます。

銀座血液検査ラボでは、1分程の採血で行うことができ、

検査結果はアプリで管理することができるので健康管理も行いやすくなっています。

結果はお持ちのスマートフォンに最短2日で届くので、再びご来店いただく必要はありません。

 

「しばらく健康診断してないな」「がん検査ってしたことない」

心当たりのある方も、ぜひ一度銀座血液検査ラボで検査を受けてみませんか?

pagetop
"