fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

がん 2019.10.24

10月はピンクリボン月間です。

ピンクリボン運動とは、乳がんについての正しい知識を深めてもらい
乳がんの早期発見・早期治療をめざすための活動です。

 

銀座血液検査ラボではピンクリボン運動の一環として、

10月1日(火)から10月31日(木)までの間、
女性向けがん検査を受けて頂いたお客様に、生活習慣病検査を無料で提供いたします。

日本では、女性の11人に1人が発病していると言われる乳がん。
この機会に乳がんを知り、自分のカラダについて考えてみませんか?

乳がんは乳房にできる悪性の腫瘍です。
多くの場合、母乳を乳頭まで運ぶ乳管から発生します。
初期段階でのがん細胞は、乳管の中にとどまっていますが徐々に乳腺の外やさらに離れた臓器に広がっていきます。
しかし早期であれば90%以上が治る病気です。だからこそ、乳がんの早期発見がとても大切です。

 

乳がんを確実に予防する方法は今だ見つかっていません。
しかし、以下のことを気をつける事でリスクを減らすことは可能です。

 

・脂肪の多い食事を避ける
・飲酒は適量を摂取する
・たばこを吸わない
・肥満を防ぐ(特に閉経後)
・豆腐・納豆などの大豆食品やイソフラボンを摂取する

 

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンによく似た構造をしているため、「植物エストロゲン」と呼ばれます。一方で、乳がんの治療薬と同じような構造をしていることもわかっていて、乳がんを予防する効果があると期待されています。

 

がん全般の予防として生活習慣を見直し、定期的な検査を受けましょう。

女性の方は、これを機会にがん検査をしてみませんか?

「まだ若いから」「出産・授乳経験があるから」「もう閉経したから」といった理由で安心することはできません。
年代にかかわらず、乳がんの危険性を認識したいものです。

 

乳がんは早期に発見すれば90%以上が治る病気です。がんが小さいうちに発見できれば、女性にとって大切な乳房も温存できます。
早期治療につなげるためにも少しでも早く発見することがとても重要です。


女性の方は、これを機会にがん検査をしてみませんか?
大切な自分の身体は自分で守りましょう。

 

また、いつも家族を支えてくれるお母様へ、大切な彼女・友人へ、

銀座血液検査ラボのがん検査をプレゼントされませんか?

pagetop
"