fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

がん 2019.4.11

紫外線は増え始める春からしっかり対策しましょう。

紫外線の照射量は、年間のピークは7~8月と言われています。

しかし、紫外線の照射量が増え始めるのは3月ごろからと言われていますので、

春を迎えた今からしっかり対策しておくことが必要です。

 

皮膚は外側から角層、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。
肌の老化は、加齢によるものが多いですが、その中でも長年うけた紫外線の影響が大きいと言われています。

春はすでに紫外線量が増え始める時期ですので、太陽光が皮膚に与えるダメージやその対策を知り、日ごろから肌をいたわりましょう。

紫外線は表皮の細胞の遺伝子を傷つけると言われ、その修復が何らかの原因でうまくいかないことでがん細胞が生じて増殖し、皮膚がんを発症するリスクが高まると言われています。


日焼け止めを塗ることはもちろん、肌を直接日光にあてないようにつばの広い帽子を被る。日傘を差す。などしっかりと紫外線対策をしましょう。
また、日焼け後や肌のダメージ予防として、

普段から抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eを含んだ新鮮な野菜や果物を摂るように心がけましょう。


トマト
リコピンを多く含むトマトは、生で食べるなら、大きなトマトよりリコピン量の多いミニトマトを選びましょう。
また、リコピンは加熱すると増加し、オイルを加えると吸収が高まると言われているので、加熱調理をしたり、良質なオリーブオイルと一緒に食べるとより効果的です。

 

パプリカ
パプリカは意外にビタミンCが特に多い食べ物です。また、赤パプリカに含まれている赤い色素成分カプサンチンは、抗酸化作用を持ち、善玉コレステロールを上昇させる働きがあると言われています。

 

うなぎ
うなぎはビタミンAやビタミンEを多く含む美容食といわれています。夏バテ予防や疲労回復にも効果があり、紫外線による目へのダメージケアにもおすすめです。

 


鮭には日光から肌を守る効果のあるオメガ3脂肪酸や、強い抗酸化作用のあるアスタキサンチンが多く含まれています。

 

アーモンド
紫外線ダメージから肌を守るフラボノイド・ケルセチンや、抗酸化力が強いビタミンEを多く含みます。
毎日20粒のアーモンドを食べるという実験では、同じ量の紫外線を浴びた場合、アーモンドを食べた方のほうがアーモンドを食べていない方よりも日焼けしにくかったという結果が残っているそうです。


まだ朝晩の寒さは残るものの、全国各地で次々と桜の満開が見られ春を感じられるようになりました。


4月は、入学・異動など、様々な出会いや別れがあり、周りの環境だけでなく心境の変化も起きやすい季節です。

このような季節は、自分でも気づかないうちに身体に負担をかけてしまっていることがあります。
春はなにかと忙しい時期ですが、決して無理をせず、体調管理は十分に行いましょう。

 


銀座血液検査ラボで、自身のからだのことを知り、健康管理を始めてみませんか?


自分自身のからだの健康状態を定期的にチェックすることで、

病気になる前から予防、早期発見に繋げていきましょう。

pagetop
"