fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

健康 2020.2.6

様々な不調の原因・・・寒暖差疲労とは

なんとなく疲れやすく感じたり、体の不調が続いたりする方もいるのではないでしょうか。
こうした冬の体調不良の大きな原因のひとつとして、「寒暖差疲労」が挙げられます。


寒暖差疲労とは、私たちの体が「寒暖差によって疲労が蓄積した状態」を指します。季節の変わり目に大きな気温の変化があったり、朝と夜とで気温差が激しかったりすると、体は寒暖差を感じて疲労を溜め込んでしまうのです。

 

寒暖差疲労チェック
当てはまる項目にチェックをつけてみましょう。


□ 夏の暑さも冬の寒さも苦手
□ 季節の変わり目に体調を崩しやすい
□ エアコン(冷房・暖房)が苦手
□ 手足が冷たく感じることが多い
□ 冬は体が冷えて寝つきが悪い
□ 冬は機能性保温下着が手放せない
□ 熱中症にかかったことがある


チェックが1つでもあれば注意が必要です。4つ
以上では寒暖差疲労になる可能性がかなり高く、
早めの対策が必要です。

 

予防・改善のための対策
3食バランスの良い食事をとり、しっかりと体を動か
して体力の維持に努めることが最も重要ですが、加え
て気を付けるべき点をご紹介します。

 

冷たい飲み物は控え、常温以上のものを飲む。
重ね着などの工夫で、暖房器具に頼り過ぎない。
⇒本来もっている体温の調節機能を弱めないため。
ぬるめの38~40度のお湯に10分くらいつかる。
⇒血流を良くし、リラックス効果が期待できる。
手首、足首、首の三首を温める。
⇒皮膚が薄く温まりやすい場所であり、温まった
血液が効率的に全身へ回る。


冬の生活習慣にプラスしたいエクササイズ

ここでは、朝起きたときに布団の上でもできる、足首と下半身のエクササイズをご紹介します。

足首のエクササイズ
1. 仰向けの状態で、布団の中で大きく伸びをします。息を吐きながら、ゆっくり体を伸ばしましょう。
2. 足首を動かします。つま先をすねにつけるように、上に曲げましょう。ふくらはぎが気持ちいいと感じる程度に伸ばしていきます。
3. 次は逆に、つま先をピンと伸ばします。
4. この足首の屈伸運動を、何度か繰り返します。最後に足首をグルグルと回して完了です。


下半身のエクササイズ
1. 仰向けのまま、大の字をイメージして、両腕を左右に広げます。足は閉じた状態です。
2. そのまま、腰から下半身をゆっくりとひねります。気持ちいいと感じるところまでひねりましょう。できるだけ上半身は動かさず、息を吐きながら行います。
3. ひと呼吸置いて、下半身を元の位置に戻します。
4. この動作を、左右どちらも行います。
起床時、布団の中ではまだ体が半分眠っているような状態です。この足首と下半身のエクササイズを行うと、体がしっかりと目覚め、活動モードに切り替わります。
内臓や筋肉が活発に動くことで、体内で熱がたくさん作られるようになるのです。

 

体を冷やさない食事

冷たい飲み物はなるべく控えて、温かい飲み物をとる習慣をつけましょう。

白湯やスープなどの温かい飲み物を積極的に飲んで、体の内側からじんわりと温めることがポイントです。

また、寒暖差疲労に負けない体力をつけ、免疫力を高めるために、栄養バランスの良い食事を心掛けることも大切。冬季はさまざまな栄養を一度にとれる、鍋料理がおすすめです。

特に、体を温める効果がある、ニラやネギ、しょうが、ニンニクを使った鍋がいいでしょう。

 

冬季の冷え性や体調不良に悩まされている場合、その原因のひとつは寒暖差疲労にあるかもしれません。
ここでご紹介したような、体をしっかりと温める習慣や対策を生活に取り入れて、寒暖差に負けない健康的な体づくりをしていきましょう!

 

健康には自信がある。

そんな忙しい働き盛りの世代こそ実は要注意です。

自分では身体のSOSに気付けていない可能性もあります。

「健康診断を年1回受けているから大丈夫!」


「病気になったらすぐ病院にいけばいい!」

そう思っていませんか?


私たちはたった年1回の身体のチェックでは不十分だと考えています。

私たちが思っている以上に身体は変化しやすく、数値は変わりやすいものです。

早期発見・予防するためにも年4回の血液検査を習慣にしませんか。

pagetop
"