誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

健康 2017.10.16

睡眠時間が少ないと太りやすくなる?!

忙しくて睡眠時間が思うようにとれない場合、どうしたらいいの?
睡眠時間が少ないと病気になりやすくなるだけじゃなく、太りやすい体質になってしまう!?

 

睡眠時間が少ないと高血圧や動脈硬化等の病気を引き起こしやすく、早死にしてしまうリスクが高まるという話を以前ご紹介させて頂きました。
さらに集中力の低下や疲れやすくなってしまいます。
そしてそれだけに留まらず、太りやすくなってしまうのです。

 

 

平均睡眠時間とBMIの関係を調べた研究によると、睡眠時間が7~8時間の場合が最も肥満が少なく、それより短くても長くても肥満が増えるそうです。
睡眠時間が少なく活動時間が長いと、むしろエネルギーをたくさん使って痩せそうなものですが、なぜ太ってしまうのか研究した結果があります。
短時間睡眠が続くとその分、活動時間が増えても代謝が落ちるため、1日のエネルギー消費量は通常睡眠(7時間睡眠)と変わりません。

 


しかし食欲抑制ホルモンの分泌が減るなどして食欲が増します。
つまり睡眠不足はエネルギー摂取量に影響して体重を増やす方向に働くと考えられます。

 

 

理想的な睡眠時間は年齢によって多少異なりますが、

6~8時間が理想と言われています。

 


しかし、そうは分かっていても忙しくてなかなか思うような睡眠がとれない方も少なくないのではないでしょうか。
そういう場合には、例えば3時間しか寝られない場合、時間帯を調節できるのであれば、夜の3時に寝て6時に起きるよりも、夜11時に寝て夜2時に起きるほうが体のダメージは少ない可能性があるそうです。
なぜなら、夜11~2時の時間帯は、眠りを安定させるメラトニンの分泌が多い一方、活動に適したホルモンであるコルチゾールの分泌は少ないからです。

 

つまり同じ短い睡眠時間なら早く寝て早く起きた方が睡眠の質がいいと考えられるようです。
やせたい人は、まず睡眠を見直すという「スモールチェンジ」をしてみてはいかがでしょうか。
銀座血液検査ラボではお忙しい方でも、ご来店からお帰りまで15分程で採血でき、結果は最短2日後にお手持ちのスマートフォンに届きます。
なにか体の不調が出てしまう前に、ご自分の身体と向き合いこれからも健康でいられるように、病気を予防していきましょう!

pagetop