fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

健康 2018.12.24

「年末年始は注意!冬太りに気を付けましょう」

冬は、イベントの多い季節です。
年末から、クリスマス、忘年会、お正月と行事がたくさんありますよね。
結果として、食べ過ぎ飲み過ぎを招いてしまいがちです。
さらに、冬は気温が下がるため、他の季節と比べて運動から遠ざかる季節。
そのため、食べた物がエネルギーとして消費されにくくなり、そのまま脂肪になって蓄積しやすくなってしまいます。
冬太りになる原因は・・・
・寒さによって食欲が落ちることはない
・ラーメンやチョコレートなど、濃厚なものがおいしい
・飲み会の機会が増える
・寒くて動くのが億劫
・ボディラインに対する緊張感がない
・汗をかく機会がない
・スノボやスキーなどのウインタースポーツは、あまり手軽ではない

しかし、実は「冬は夏よりも痩せやすい時期」であることはご存知ですか?
その理由は、冬の間は基礎代謝が高くなるからだとと言われています。
基礎代謝とは、呼吸や体温調整など、生命を維持するために消費されるエネルギーのことです。
運動をせず、じ~っとしている間にも消費されるので、基礎代謝が高いほど太りにくいということになります。
そして冬は、夏に比べて体温と外気の差が大きくなります。
冬は、気温が0℃前後になることもあり、体温を保つために、身体はより多くのカロリーを消費してエネルギーを作る必要が生じるのです。
寒ければ寒いほど、脂肪が燃えやすくなるということです。
しかし、年末は運動する時間が作れないことや、外食をする機会が多く「冬太り」になってしまいがちです。
冬太りを防いで、新年を明るい気持ちで迎える心がけをご紹介します。
“糖質ラスト”は鉄則です
外食のときでも、先にたんぱく質や野菜をとり、最後に糖質をとれば血糖値の急上昇防止につながります。野菜スティックやキャベツのおつまみなどは手軽でおススメです。
たんぱく質はしっかり食べましょう
肉や魚、卵、大豆製品などのたんぱく質は血糖値を上げにくく太りにくいので、しっかり食べてOK !
ちょい食べしておいて食べすぎ防止
飲み会の日は、夕方頃に、腹持ちがいいたんぱく質や油を含むものをとっておくと夜の暴食を予防できます!大豆製品や素焼きナッツなどがおすすめです。
賢く飲みましょう
血糖値を下げる作用があると言われています。特に白ワインはミネラル成分、赤ワインはポリフェノールが摂取できます。しかし、アルコールが高めなので飲みすぎ注意です。
ゆっくり味わって食べましょう
おしゃべりしながら食事をすると自然と食べるのがゆっくりになり、少量でも満足感が得られます。
定期的な血液検査でライフスタイルをこまめに見直すとともに、自分の健康状態をつねに把握しておきましょう。
銀座血液検査ラボで3ヵ月に1度、血液検査を行えば、自分のわずかな変化に気付くことができます。
検査と言っても1日拘束される必要はありません。
検査は説明を含めても15分前後で終了し、2回目以降は約5分、検査結果は2日後にスマホアプリ『Lifee』に届きます。
アプリで結果をグラフにしたり、分かりやすくいつでもチェックできるので、日々の健康の心がけにも繋がります。

3ヵ月に1回の定期検査でご自身の身体の状態を知りましょう。
健康なうちからの心がけで病気になるリスクはぐっと下がります。
pagetop
"