fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

健康 2019.2.14

頭皮の抜け毛・薄毛気になりませんか?

日本の成人男性の3人に1人が薄毛の悩みをかかえていると言われています。


そもそも髪の毛は何のためにあるのでしょうか?

もともとあったものだから、髪の毛がある意味について深く考えたことがある人はあまり居ないのではないでしょうか。
しかし、頭に髪の毛が生えていることにはちゃんと意味があると言われています。
諸説ありますが、外的刺激や外的衝撃からの保護のためだと、一般的に考えられています。
では、髪の毛はどんな成分でつくられているのでしょうか?

その成分の大半を占めているのは、実はケラチンと呼ばれるタンパク質です。

髪の毛だけでなく私たちの体も、約10万もの種類がある様々なタンパク質によってできています。

実は、私たちの髪の毛は1日に50~100本程度が抜けるのが正常と言われております。


しかし、さまざまな原因で抜け毛が増えてしまうこともあります。


睡眠
髪の成長に成長ホルモンの分泌は不可欠です。睡眠不足により髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。

ダイエット
食事制限によるダイエットは、体のみならず髪への栄養も制限してしまい、結果ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいます。

食生活
食の欧米化により、高脂肪な食事が増え、そのことにより血行が悪くなり、髪の栄養難に陥ってしまう要因になります。
また、脱毛症やBMI(Body Mass Index)との相関性も発表されています。

ストレス
ストレスは、自律神経の乱れや、老化現象を引き起こす活性酸素を分泌する原因となります。

一方で女性の場合は、加齢や出産によるホルモンバランスの変化で、抜け毛が増えることがあります。


髪の毛と頭皮を健康に保つコツ


健康で丈夫な髪の毛を手に入れるためには、頭皮環境を整え、ヘアサイクルを乱さないようにすることが大切だと言われています。
しかし、生活習慣の見直しも薄毛・抜け毛対策に深い関係があるようです。

規則正しい生活習慣を一度にすべて正そうとすると、かえってストレスを感じる原因になります。少しずつ、改善できることから始めましょう。

睡眠
お肌にゴールデンタイムがあるように、発毛にもゴールデンタイムがあります。それは22時~翌2時の間。この時間帯を頭に入れながらも、最低でも5時間の睡眠時間を確保できるようにしましょう。

食事
バランスのいい食事をとっていますか?インスタントラーメンやジャンクフードの食べすぎは栄養バランスの偏りを招きます。髪の毛の成長を助けてくれる必須アミノ酸、亜鉛、ビタミンを多く含む食品を意識してみてください。取り入れるのが難しそうなら、サプリメントの活用もおすすめです。

喫煙・飲酒
実は、普段の何気ない喫煙と飲酒によって、髪の毛をつくるのに必要な成分が失われています。もちろん、髪の毛だけでなく全身にも影響を及ぼすことが分かっています。

運動・ストレス
激しい運動はかえって毛根を傷つける原因になってしまう恐れがありますので、ウォーキングやストレッチなどで適度に体を動かすことを意識しましょう。頭皮の血流が改善され、発毛を促す栄養素を運ぶ働きが活発になったり、ストレス発散になったりと髪の毛にも体にもプラスです。


出来る範囲の事をして、適度な運動でいい睡眠をとったり、早く寝て夜遅い時間に食事をしない、

睡眠の1~2時間前に入浴するなど様々な工夫をしましょう。

日常生活を健康的に規則正しく過ごすことは、生活習慣病予防にもなります。

忙しい方でもわずか1滴ほどの採血で血液検査をすることができます。

自分のためだけでなく、大切な人のため、これからも仕事を頑張るため、健康寿命を延ばすため、
これからも好きなことを続けていくため、健康管理を始めてみませんか?

pagetop
"