fbpx

誰もがもっと手軽に、
自分の健康を自分で守れる社会へ

私たちは病気の早期発見、予防医療の必要性を強く感じ
日本初の自己採血専用施設「銀座血液検査ラボ」を開設しました。
指先からたった1滴採血するだけで、
簡単でスピーディに、しかも医療機関での血液検査と同程度の高精度な検査結果がわかります。
誰もがもっと手軽に安心して健康管理ができるように、
私たちは、生涯に渡って生き生きと暮らせる、明るい社会の実現を目指します。

銀座血液検査ラボ

生活習慣病 2019.5.16

アルコール好きの方!あなたの肝臓は大丈夫ですか?

肝臓の役割
肝臓は食べ物から得た栄養分を貯蔵したり、アルコールや薬剤、不要な老廃物を分解・解毒したり、胆汁という物質を分泌し、脂質の消化を助けるなど、生命を維持する重要な働きを担っています。
内臓の中では最大の臓器と言われています。

 

ダメージチェック!

当てはまる方は知らぬ間に肝臓をいじめているかもしれません・・・


・ウイスキー、ブランデー、焼酎など強いお酒が好き
・お酒を飲むペースは速い方だ
・つまみを食べず、空腹のまま飲むことが多い
・糖尿病や脂質異常症にかかっている
・夜22時以降でも飲んでいることがよくある


体内にアルコールが入ると、肝臓で酵素が働いて「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。

 

アセトアルデヒドは人体に有害な物質ですが、最終的には水と二酸化炭素にまで分解され、体外に排出されます。

しかし、過剰に飲酒すると、アセトアルデヒドが多量につくられることにより、悪影響を及ぼしてしまいます。

 

肝臓に異常があると、代謝にかかわる酵素や毒素が血液に漏れ出てくるため、血液で肝機能のチェックができる。

定期的にAST、ALT、γーGTPなどの肝機能の値を定期的な検査で知っておくことが大切です。

 

健康的な飲み方とは

アルコールから身体を守るためには、健康的な飲み方を知っておくことが大切です。


●飲みすぎない
悪酔いや二日酔いをしない酒量、つまり自分の適量を把握しておきましょう。アルコールに弱い人は、酒席では早めにウーロン茶などに切り替えることが大切です。また、疲れているときや病み上がりなどは酒量を控えめにしましょう。

 

●ゆっくり飲む
飲むペースが速いと、それだけ肝臓に負担がかかります。なるべくゆっくり飲むようにしましょう。

 

●おつまみを上手にとる

空腹状態でアルコールを飲むと、吸収が速まり肝臓には大きな負担となります。また、肝臓がアルコールを分解するときに、たんぱく質やビタミン類、ミネラル類(とくに亜鉛)が消費されます。そのため、おつまみで大豆食品(豆腐料理、枝豆、煮豆、おからなど)や野菜・果物、ナッツ類を食べ、上手に栄養補給をしましょう。

アルコールには食欲増進効果があるので、つい脂っこいものを食べたくなりますが、脂肪の多い食品も肝臓には負担となります。

 

●肝臓を休ませる

できれば、週に2日はアルコールを飲まない「休肝日」をつくることが大切です。

外食や接待が多い方は家ではお酒は飲まないなどルールを作りましょう。

 

アルコールは「根っからの悪者」ではありません。

 

適度な量を楽しむことによってリラックス効果、食欲増進、疲労回復などの効果もあるといわれています。

大事なのは飲みすぎずに「適量を守る」ことです。

 

年一回の健康診断で「血糖値が高い」「コレステロール値が少し気になる」などの結果が出ていませんか? 

脳卒中や心臓病などは、ある日突然発症するわけではなく、

体重の増加、血糖値の異常などから静かに進行していきます。

 


「生活習慣病予備群」の段階であれば、進行を防ぐことは十分可能です。

ライフスタイルを見直すためにも定期的な血液検査で自分の健康状態をつねに把握しておきましょう。


年4回の血液検査を習慣にしませんか。

pagetop
"